八千代台駅西口徒歩1分の鍼灸院

治療院ブログ

「立秋」

2022年8月8日 (月) 16:25

昨日、8月7日(日曜日)は二十四節気の「立秋」でした。


季節のお便りはこちらからどうぞ→https://www.chichi.co.jp/special/24/autumn01/



暦の上では秋ですがまだまだ暑いですね。


この暑さの中、殆どの方がまだマスクをして歩いてますね。


なんて我慢強いんでしょうか。


電車やお店に入る時以外はしない方が良いですよ。


マスクをしていると二酸化炭素濃度が30倍になり酸欠状態となります。


熱中症のリスクも高まり、危険です。


ウイルスも素通りでマスクには感染症を防ぐ効果はありません。


海外ではとっくにマスクは止めてます。



マスクがいかに効果がなく、有害であるということが分かる


リンクを貼っておきます。ご参考までに。


        ↓


https://note.com/nakamuraclinic/n/n38b47a3a2af7


https://note.com/nakamuraclinic/n/ndc1ee40c3236




日本人は人目を気にし過ぎです。


ワクチンやマスク……、 身体に悪いものは悪い。


風邪をひいただけでなぜすぐに医者に行くのか!?


風邪を治す薬もワクチンもそんな物は存在しません。


家で寝て静養するのが一番です。


自然に風邪症状を経過させてデトックスするのが一番です。


自然に治ればそれで最強の自然免疫が獲得できます。


同じウイルスが侵入しても簡単に発症しなくなります。


医者や薬物に頼らず、もっと自分自身に備わった免疫力を信じてみませんか。




カテゴリー: 未分類

「帝王切開ギリギリ回避」

2022年8月3日 (水) 14:25

最近の症例を報告します。


30代 女性


主訴  逆子が治らない(33週目)


出産予定日 8月10日


帝王切開オペ予定日 8月5日


初診日 6月24日  市内の助産院の紹介で来院



この患者さんは妊娠中にかなりの環境の変化や様々なストレスに


晒されました。


肝気が昂ぶり子宮に熱が籠り、胎児が子宮内に頭を入れているのが


辛く、逆子状態になっていると推測しました。



治療は頭のツボに一か所 鍼をしました。


鍼をしている最中から胎児は良く動き出していましたが


7月30日の最後の治療まで改善はしませんでした。


帝王切開予定日まで一週間を切っていました。


少し焦りもありましたが、ST頸部診断法で何度問いかけても


逆子は改善すると潜在意識は答えてくれていたので確信はありました。


8月2日 最後の検診で逆子が治っていると連絡が 入り


本当に良かったと一安心しました。


なんとか4日後の切腹(!?)を回避できました。


医者は簡単に帝王切開だね とか言うけど切られる側は


たまりません。


切られた痛みや手術痕が残るし、数年後に癒着を起こしたり


失禁や腰痛の原因になったりもします。


身体にはなるべくメスを入れない方が良いです。



とりあえず、今回も一人の妊婦さんの切腹を防げて良かったです。

カテゴリー: 未分類

「大暑」

2022年7月23日 (土) 18:16

本日7月23日(土曜日)は二十四節気の「大暑」です。


季節のお便りが届いています。


こちらからどうぞ→https://www.chichi.co.jp/special/24/summer06/



最近の猛暑の中、コロナ感染者が凄い勢いで増えていると連日のように


メディアが煽っていますね~苦笑。


何度も同じことを言いますが 「PCR検査陽性=コロナ感染」 ではありませんから!!


何のウィルスなのか判別もできない検査です。


Ct値を上げればいくらでも陽性者数を増やせる検査です。



関根先生もさすがに ”勝手にしやがれ” と呆れていますね。

         ↓

https://note.com/okinaki33/n/n91b60f1e10e3



本当に私も同感です。(最後の方の雑談はともかく……苦笑)


このままでは一生打たされ続けてどんどん日本人が減ってしまいます。


皆さん、早く目覚めてください。日本人が半分になる前に……。

カテゴリー: 未分類

「小暑」

2022年7月7日 (木) 09:34

本日7月7日(木曜日)は七夕であり、二十四節気の「小暑」です。


いつも致知出版の小笠原さんから季節のお便りを頂いていますが


今回は私の敬愛する五木寛之さんの朝顔のお話に


感動しました。


皆様にも読んでいただきたく、全文を載せておきます。



高野勲 様

梅雨を感じないままに梅雨明けとなり、
厳しい暑さが続いていますが、
高野勲様におかれましては、
お元気でお過ごしのことと拝察申し上げます。

今日の季節の便りは「小暑」です。

どのようなお話をお届けしようかと、
色々考えているなかで、ふと朝顔の姿が目に留まりました。

そして思い出したのが、以前『致知』の総リードでも紹介されていた、
五木寛之氏の次の話です。
その話とは・・・

***

朝顔の花は朝の光を受けて
咲くのだと思われていた。
しかし、ある植物学者が朝顔のつぼみに
24時間、光を当てても花は咲かなかった。

朝顔の花が咲くには、
朝の光に当たる前に、
夜の冷気と闇に包まれる時間が
不可欠なのだという。

        *****

この話を目にしたとき、
普段何気なく見ていた朝顔が、
ただ一日咲き切る姿に、深い感動を覚えました。

これから本格的な夏に向かい、厳しい暑さも予想されますが、
花たちのように、命輝かせながら、
日々お過ごしいただければと・・・

今日ご紹介の詩は、「坂村真民一日一言」(7月20日)より
「朝顔夕顔」です。
ただ無心に咲く花たちの姿とともに、
言葉に触れていただければと・・・

https://www.chichi.co.jp/special/24/summer05/


致知出版社  小笠原節子



朝顔に限らず、梅の花なども寒く厳しい冬を乗り越えて初めて


あの素晴らしい可憐な花を咲かせ、人々の心を癒してくれる……。


いや、人目に付こうが付くまいが花たちは精一杯咲き切って散って行く……。


誰に教わるでもなく、力一杯咲き誇り、潔く散って行く……。


花から教えられる自然の摂理にもっともっと耳を傾けて行きたいものです。

カテゴリー: 未分類

「夏至」

2022年6月21日 (火) 18:04

本日6月21日(火曜日)は二十四節気の「夏至」です。


季節のお便りはこちらからどうぞ→https://www.chichi.co.jp/special/24/summer04/



蒸し暑い日が続きますね。


来院する患者さんもだるさ、胃もたれ、頭痛、めまい、節々の痛み、


ぎっくり腰、持病の悪化などが多いです。


こんな時は脂物や刺身などを控えて、地場で採れた


旬のあっさりしたものを少量摂るように心掛けましょう。



最近になって気象病などの言葉を聞くようになりました。


気温、気圧、月の満ち欠けなどの影響で身体に悪影響が出るというものです。


東洋医学では遥か2000年以上前から気象と身体の関係性に


ついての学問がありました。


「内経気象学」という書物も残っております。


先人の観察眼は本当に凄いし、現代よりも自然を壊さず


自然に寄り添って生活していた賜物なのだと思います。


先人の叡智に耳を澄まして行きたいものです。

カテゴリー: 未分類

「芒種」

2022年6月6日 (月) 09:29

本日6月6日(月曜日)は二十四節気の「芒種」です。


季節のお便りはこちらからどうぞ→https://www.chichi.co.jp/special/24/summer03/



コロナ関連でまたまた厚労省はやってくれてますね。


https://www.o-kinaki.org/2939/


厚労省が出す正式なデータですから国民の殆どが


信用してしまいますよね?


これって完全に国民を欺く犯罪ですよね??


なんでどのメディアも追及、報道しないんだろう。


まあ、言論統制されてますから地上波では流せないですよね。



過去を振り返ってもいくらでも出てきます。


https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000000thk7-att/2r9852000000thot.pdf


政府は公害問題もそうですが実態を掴んでいても


本当に被害が広がり隠し切れなくなって初めて認め、公表し、謝罪します。


初動が遅すぎる、罪の意識が低すぎる……。


このために過去どれだけの人々が犠牲になってきたことか。


今回のコロナワクチンに関してもこれだけ多くの打った人が


亡くなっているのに平気で安全、安全と言って子供にも


打たそうとしている……過去のことを全く教訓にしていない。


https://go2senkyo.com/seijika/181630/posts/337834


こんな空々しい石碑は撤去したくなります!!税金の無駄です!!!


カテゴリー: 未分類

「小満」

2022年5月21日 (土) 15:35

本日5月21日(土曜日)は二十四節気の「小満」です。


季節のお便りはこちらからどうぞ

https://www.chichi.co.jp/special/24/summer02/



最近になってようやく日本もマスク着用を緩和しようと


いう流れが出てきました。


海外ではノーマスクの国がかなり増えてきています。


私は早い段階から以下の中村先生の記事を読んだりしていたので


マスクは百害あって一利なしだなぁと思っていました。


https://note.com/nakamuraclinic/n/n38b47a3a2af7


https://note.com/nakamuraclinic/n/ndc1ee40c3236



コロナ茶番やマスクの弊害が分かっている患者さんとは


お互いにノーマスクで行きましょうと言います。


なんと清々しいことか!!


暑苦しく汗はかくわ、集中力は落ちるわでろくなことがありません。


これからは熱中症も怖いですからね。


早く、誰の目も気にせずノーマスクで過ごしたいものです。

カテゴリー: 未分類

「立夏」

2022年5月5日 (木) 09:01

本日5月5日(木曜日)は二十四節気の「立夏」です。


今朝は朝一から泣かされました、致知のお便りに。


以下に全文を載せます。




爽やかな5月の連休を、如何お過ごしでしょうか。

今日は、「子どもの日」です。

「こどもの人格を重んじ、
 こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する日」
として、昭和23年に法律で定められたそうです。

「母に感謝する」という姿を、深く感じたのが、
●「1日1話、読めば心が熱くなる365人の生き方の教科書」の
 4月27日に紹介されている星野富弘さんの詩です。

ご存じの方も多いかと思いますが、
中学校の体育教師だった星野さんは、
クラブ活動指導中に頸髄損傷という大怪我をして、
首から下の自由を失い、一時期は自暴自棄になりながらも、
口に筆を加え、文字や絵を描くことで、次第に生きる希望を
見出されました。

思いもかけない出来事に、当時のお母さんの心中を思うと、
胸が締め付けられるようです。

星野さんは「生き方の教科書」に当時の様子を、
次のように書かれています。

「母がいなければ、いまの私はなかったと思うのです。
特に九年間の病院生活は母なしでは考えられません。

こんなことがありました。
食事は三度三度口に入れてもらっていたんですが、
たまたま母の手元が震えてスプーンの汁を
私の顔にこぼしてしまったのです。
このわずかなことで積もり積もっていた私のいらいらが
爆発してしまった。
口の中のご飯粒を母の顔に向け、吐き出し

「チクショウ。
もう食わねえ、くそばばあ。
おれなんかどうなったっていいんだ、
産んでくれなきゃよかったんだ」

とやってしまった。

母は泣いていましたよ。
よほど悔しかったのか、しばらく口をききませんでした。

ところが・・・

****

その時のある出来事を通じて、星野さんは気づかれました。
お母さんの無償の愛の姿を・・・

そして生まれたのが、今日ご紹介させていただく
「神様がたった一度だけ
 この腕を動かして下さるとしたら
 母の肩をたたかせてもらおう」
 という言葉で始まる一篇の詩でした。

母の日が近づいてきました。
高野勲様のお母様も、きっと見返りを求めぬ愛を
多く注いでくださった人生だと思います。

子どもの日の今日、
母を想い、母を偲び、母に感謝を込めるひとときを、
ともにお過ごしいただければと・・・




星野さん自身も辛い、歯がゆい……。


でもそれをそばで見ている、世話をしている母親はもっと辛い……。


親子の無償の愛に涙が溢れてきました。


その詩はこちらから→


https://www.chichi.co.jp/special/24/summer01/



8日の母の日には何かおいしい物を母に食べさせて


あげようと思っています。


皆さんも親の生きているうちに親孝行をしておきましょう。


後悔しないために……。

 

カテゴリー: 未分類

「穀雨」

2022年4月20日 (水) 16:16

本日4月20日(水曜日)は二十四節気の「穀雨」です。


季節のお便りはこちらからどうぞ→https://www.chichi.co.jp/special/24/spring06/



「春に三日の晴れなし」とは昔の人はよく言ったものですね。


今春は特に気圧や気温の変化が激しいですね。


患者さんもこれに振り回されて頭痛・めまい・花粉症・イライラ・


胃の膨満感・下痢・便秘・ぎっくり腰などの症状が多くみられます。


診察すると下半身が冷えて、気が頭や顔に昇っている人が殆どです。


所謂、「冷えのぼせ」状態です。


頭に鍼を打つと真冬並みに黒ずんだ血が出る人が多いです。


下半身の保温に留意し、セカセカせずゆったりとした時間を


過ごすよう心掛けましょう!



あとはまたワクチンの話になりますが、当院でも打ってしまった方は


色々な体調不良が出ていますね。


3回目を悩んでいる方や知り合いがいましたらワクチンの危険性を


是非とも教えてあげてください。


福井県の整骨院の先生が医師や研究者の発言、意見を


まとめてくれているので下に貼っておきます。


http://www.ne.jp/asahi/kenkou/seikotsuin/custom13.html



以前このブログに載せたナカムラクリニックの中村篤史先生や


おおきな木ホームクリニックの関根徹先生のブログは


分かりやすく頻繁に更新されているので毎日チェックすることを


お薦めします。


また身近な大切な人にも教えてあげてください。


心ある方、拡散をお願い致します。




カテゴリー: 未分類

「清明」

2022年4月5日 (火) 18:08

本日4月5日(火曜日)は二十四節気の「清明」です。


季節のお便りはこちらからどうぞ→https://www.chichi.co.jp/special/24/spring05/



国も隠し切れずにやっと重い腰をあげましたね。


https://note.com/nakamuraclinic/n/n3e4ccd1a17b9



打っていない人も安心はしていられません。


https://note.com/nakamuraclinic/n/n7f26172bef90



昔からビワの葉温灸やビワの薬草湯は身体に良いと


言われていましたが、このシェディングの症状にも効くようです。


特にビワの種に含まれている ”アミグダリン” の成分が


癌にも効果があり、多数の治験例も出ていますね。


元々、この地球には病気を治すための薬草や生薬、果実、野菜などが


用意されていると私は考えています。


人間の浅知恵や科学で作った精製された化合物、薬では


到底及ばない自然の調和、神秘が存在しています。


不自然なワクチンをまだ打ちますか?







カテゴリー: 未分類

「春分」

2022年3月21日 (月) 09:48

本日3月21日(月曜日)は二十四節気の「春分」です。


季節のお便りが届いています。


こちらからどうぞ→https://www.chichi.co.jp/special/24/spring04/


この金子みすゞの「蜂と神さま」という詩を知りませんでしたが


すごく良い詩ですね。


この世に生きる人間も虫たちもあらゆる生命体は


みんな神様の ”分け御霊” を頂いているのですよね。


斎藤一人さんのおっしゃる「我は神なり、愛と光なり」に


通じますね。


自分一人の身体や命だからと粗末に扱ってはバチがあたります。



そんな罰当たりの記事を読み、怒りが込み上げてきました。


https://note.com/nakamuraclinic/n/nac96e50c77a4


この一人の人間の死を鼻で笑った白衣を着た悪魔……。


まあ、地獄に落ちるだろうがそれにしても自分が打ったワクチンで


患者さんが急死してもなんとも思わないのか?


適当な死亡診断書を出して速攻火葬して証拠隠滅。


金儲けのためなら他人の命をなんとも思わないんだろうね。



https://www.o-kinaki.org/2558/


これだけ簡単に責任も取らずに金儲けできたら


悪魔に魂を売っちゃうんだろうね。


冒頭の「蜂と神さま」の詩の世界とは真逆の恐ろしいことが


世界中で起きていますね。


コロナ茶番しかり、戦争しかり、人工地震しかり……。



14%の覚醒者が世界を救うと言われています。


その中でも日本人がキーマンになるようです。


カテゴリー: 未分類

「啓蟄」

2022年3月5日 (土) 17:18

本日3月5日(土曜日)は二十四節気の「啓蟄」です。


季節のお便りはこちらからどうぞ→https://www.chichi.co.jp/special/24/spring03/


真民先生のこの詩は相変わらず心に沁みますね。



とうとう5歳以上の子供にもワクチン接種が始まってしまいました。


下記の関根先生のブログを見て今一度、お子さんへのワクチンが


本当に必要なのかを考えてみませんか??


「遺伝子に影響があるという話」


2月25日に画期的な論文が発表されました。


ファイザーの遺伝子ワクチン接種6時間後に細胞の遺伝子にワクチンの


病原性遺伝子が組み込まれた という論文です。


これは自然界ではあり得ないことです。


さらにその遺伝子ワクチンの遺伝子が組み込まれた後に


それを除去するシステムがダウンする設定がなされていることも


判明しました。


これは完全に「遺伝子組み換え人間製造ワクチン」ですわ。


このワクチン遺伝子の悪影響は世代を超えて永続的に続くと……。


自分の体が半永久的にスパイクタンパクを作り続けると……。


恐ろしいことが書かれています。


厚労省や御用学者はRNAからDNAへの逆転写は起こらないから


遺伝子ワクチンは安全なんだと無責任極まりないことを言っていました。


完全にその安全だという根拠や後ろ盾が崩れ去ったわけです。


本当なら緊急記者会見でも開いて即刻ワクチンの中止を訴えるべきです。


誰も責任を取りたくないから絶対にしないでしょうが……。


こんな生物化学兵器ワクチンは”百害あって一利なし”です。



3回目接種を悩まれている方、子供に打たそうか迷われてる方、


よくよく考えてみてください。


みなさまが最良の判断をなさることを願っています。


カテゴリー: 未分類

「雨水」

2022年2月19日 (土) 17:29

本日2月19日(土曜日)は二十四節気の「雨水」です。


季節のお便りはこちらからどうぞ→https://www.chichi.co.jp/special/24/spring02/



寒い中にも少しづつ春の気配を感じてきましたね。


今日、最後に治療した40代の男性患者さんに「会社でワクチンは強制ですか?」と


何気に聞いてみました。


「強制ではないし、仮に強制されても絶対に打ちません」とのお答え。


「お~、分かってらっしゃる! 覚醒者ですね!!」と私。


話が盛り上がってしまいました。


この方は解体業の職人さんでたまに調子が悪いと来院されます。


鍼治療が非常に効きやすく、ツボに入ると殆どの症状がその場で治ります。


⑩の痛みが⓪になります。早寝早起きで非常にナチュラルな生活をされています。


このコロナ騒動や治験中のワクチンの危険性が野生の勘で分かるんでしょうね。


数少ない覚醒者に出会うと嬉しくなりますね。


当院に長く来院されていて東洋医学の良さを理解されている患者さんは


ワクチンの危険性や不自然さを察知して、打たない方が多い印象です。


もっともっと覚醒者が増えてほしいものです。


カテゴリー: 未分類

「立春」

2022年2月4日 (金) 09:19

本日2月4日(金曜日)は二十四節気の「立春」です。


季節のお便りはこちらからどうぞ→https://www.chichi.co.jp/special/24/spring01/


海外ではコロナの規制を撤廃する国も出てきましたが


日本は相変わらずのオミクロン報道祭り(苦笑)ですね。


10年くらい前に日本小児科学会と呼吸器学会が共同で


「風邪は薬で治すな!」という提言を出したことがありました。


風邪を治せる薬は元々ありません。


症状を抑えるだけで根本治療にはなりません。


このコロナも同様です。


薬やワクチンでは治せません。


皆さん、恐怖心からなのか洗脳されているのか


分かりませんが、医者に行けば大丈夫……。


ワクチンを打てば大丈夫……。


と勘違いしていませんか!?


風邪をひいて熱や咳、鼻水、痰が出るのはウイルスと


戦ってくれている証です。


これを自然に経過させれば抗原抗体反応で強固な


自然免疫を獲得できます。


それなのにすぐに解熱剤や咳止めなどの薬を飲んでしまう


方が多いですよね。


中途半端に薬で症状を抑えると中途半端な抗体しか


獲得できず、また同じウイルスに感染してしまいます。


本当にもったいないと思います。


私は風邪をひいて医者に行くという発想が元々ありません。


このオミクロンなど自宅で暖かくして療養していれば


医療ひっ迫も起こらずに皆が免疫を獲得して


自然に収束すると思っています。


なにせメディアが煽り過ぎ、騒ぎ過ぎです。


こんな時こそ今一度、小児科学会と呼吸器学会のお医者さんが


「風邪は薬で治すな!」と声高に発言してほしいものです。

カテゴリー: 未分類

「大寒」

2022年1月20日 (木) 13:09

本日1月20日(木曜日)は二十四節気の「大寒」です。


どおりで寒いわけです。


季節のお便りが届いています。


こちらからどうぞ→https://www.chichi.co.jp/special/24/winter06/



ここ最近またマスコミがこぞってオミクロン株が猛威を振るっているとの


ニュースばかり流していますね。


そしてまた、 ”マンボウ” ……。


もういい加減、飲食店いじめは止めてほしいです。


本当に振り回されてかわいそうです、


居酒屋やレストランよりも家庭内感染のほうがよっぽど


多いんですから規制しても殆ど効果はないと思います。


オミクロン、オミクロン言ってますけど普通の風邪ですから。


PCR検査で陽性反応が出るとゲノム解析もせず、無症状や軽症だと


勝手にオミクロンと決めつけているだけです。


そしてほとんど効果のないワクチンの3回目を打たそう、打たそうと


不安を煽って誘導しています。


このままでは死ぬまでワクチンを打たされ続けますよ。


同一抗体のワクチンを4~5回打たれた動物は皆死んでいます。


人間も同じで打てば打つほど自分の免疫に異常をきたし


軽い風邪や感染症も自己免疫力で治せなくなります。



このコロナ騒動、コロナ茶番を今一度、良く考え、調べて、


俯瞰してみてください。


判断の出来ない子供に打つのは本当に危険ですから。


親御さんがよくよく考えて行動してください。

カテゴリー: 未分類

「小寒」

2022年1月5日 (水) 09:14

本日1月5日(水曜日)は二十四節気の「小寒」です。


新年最初の季節のお便りはこちらからどうぞ→https://www.chichi.co.jp/special/24/winter05/



改めまして、新年あけましておめでとうございます。


皆様、どのようなお正月を過ごされたでしょうか?


私は過去一、正月気分を感じないお正月でした。


暮れは大晦日まで診療し、明けは3日(月曜日)から仕事始めでした。


元旦と2日もレセプト作業やら雑事に追われ、せかせかと仕事をしておりました。


開いてて良かった、助かったという患者さんの声を頂けただけで


私自身の疲れも吹っ飛ぶし、救われます。



本年も少しでも患者さんの苦痛や不快症状を改善し、皆様の健康管理の


お手伝いが出来るよう頑張りたいと思います。


本年もたかの鍼灸整骨院をどうぞよろしくお願い致します。

カテゴリー: 未分類

「冬至」

2021年12月22日 (水) 16:46

本日12月22日(水曜日)は二十四節気の「冬至」です。


季節のお便りはこちらからどうぞ→https://www.chichi.co.jp/special/24/winter04/



年の瀬が迫ってきましたね。


ここから一気に加速してあっという間にお正月を


迎えそうで怖いです。


やり残したことがたくさんありそうで……。



今日も最近の症例を報告します。


40代 女性


主訴  膝関節痛


4か月前から両膝が痛くなり、屈曲困難で長く歩けないといって来院。


その他、慢性の肩こり、目の疲れ、便秘、頻尿、脚がつりやすいなど。


治療は頭のツボに鍼を1本。


1回の治療で右膝痛⑩→③、左膝痛⑩→⓪。1回の治療で正座が可能に。


便通もすごく良かったと喜ぶ。普段は薬を使わないと出ないそう。


2回の鍼治療で両膝とも完治。


当院に来る前は千葉県では有名なF整形外科のリハビリに


通院していたが効果がなく当院のホームページを見て来院。


膝だけを見て軟骨が減ってるからとか、変形しているとかっていう診断は


私からみると???です。


膝が痛いから膝に原因があるのではありません。


身体は心身一如で全体でバランスをとっています。


眼科、胃腸科、整形外科、脳神経外科等々、各科に細分化すること自体が


おかしいと思っています。


人間全体を丸ごと診れる東洋医学こそが、全人科で心にも身体にも


優しく、自然に則した医学であると自負しています。


もっともっと広まってほしいものです。

カテゴリー: 未分類

「大雪」

2021年12月7日 (火) 11:47

本日12月7日(火曜日)は二十四節気の「大雪」です。


季節のお便りはこちらからどうぞ→https://www.chichi.co.jp/special/24/winter03/



症例報告をたまにはしたいと思います。


80代 女性


主訴  頭と顔の湿疹


約2年前から上記の症状が出現。


4か所の皮膚科にかかるもかゆみ止めの軟膏処方のみ


当院受診時には頭に500円玉大の脱毛部分が2か所あり、


寝ている間にかいてしまうので出血→かさぶた→出血を繰り返し


困っているとのこと。


「皮膚は内臓の鏡」という言葉があるように湿疹ができた皮膚部分が


悪いんではありません。


内臓でも特に解毒を司る「肝の臓」の関与が最も重要です。


治療としては頭のツボに一本鍼をしました。


2回治療後、頭のかゆみは初めが⑩だと②に激減しました。


この方は水泳をされるのですが背泳のバタ足をやると2~3かきで


右のふくらはぎがつってしまい背泳は諦めていたとのこと。


2回の治療後、背泳をしてみたが初めて脚がつらなかったと喜んでいました。


皮膚の湿疹も脚のつりやすいのも「肝の臓」からきているので


そこを鍼で調整できれば自ずと治っていきます。。

カテゴリー: 未分類

「小雪」

2021年11月22日 (月) 16:06

本日11月22日(月曜日)は二十四節気の「小雪」です。


季節のお便りはこちらからどうぞ→https://www.chichi.co.jp/special/24/winter02/



先週来院された男性患者さん。コロナワクチンの一回目接種後から


10日以上も経つのに未だに頭がぼーっとして集中力も低下し


仕事のミスも多く困っているとのこと。


本人は打ちたくなかったが会社から打たない社員は首にすると


ワクチン接種をなかば強制されました。


このようなことが多くの職場で起こっているのではないでしょうか?


これって完全にパワハラだし、憲法の基本的人権の尊重を侵す


あってはならない行為です。


このコロナワクチンはあくまでも任意接種です。


インフルエンザワクチンよりも比較にならない程多くの方が副作用で亡くなっています。


人類が初めて使用する危険な治験中(人体実験中)の遺伝子ワクチンです。


打ちたくないけど同調圧力でしかたなく打って不幸にして、死んでしまったり


重度の後遺症が残っても誰も責任を取ってくれません。


任意で打ったんでしょう? で終了です。


テレビや新聞、マスコミが毎日のようにコロナの恐怖を煽り、


ワクチンが特効薬で安全だと繰り返しています。


ワクチンの負の部分はほとんど報道しません。


意図的にやっているとしか思えない、偏重報道です。


これらの報道、ニュースばかり毎日見たり、聞いたりしている人々は


完全に洗脳されてしまいます。


今冬はインフルエンザが流行ると流せば、すぐに打ちに行き


予約が殺到する。


皆さんの大切な身体に入れるものですよ。


せめてワクチンにどんな成分が入っているのか調べて、知ってから


打つか、打たないか、考えてみませんか?


中味の成分を知ったら怖くて打てなくなりますよ。


特に若年層に打つのは、その場の副作用だけでなく


数年後にどんな副作用が出るかは誰にも分かっていないので


よくよく考えた方が良いと思います。

カテゴリー: 未分類

「立冬」

2021年11月8日 (月) 17:16

昨日11月7日(日曜日)は二十四節気の「立冬」でした。


季節のお便りはこちらからどうぞ→https://www.chichi.co.jp/special/24/winter01/



最近、日本では新型コロナの感染者数が激減しております。


正確にはPCR検査の陽性者数ですが……。


たまに患者さんに「先生はこういう仕事だからワクチンはすぐに接種したんですよね?」と


聞かれることがあります。


私が真顔で「私はワクチンは打ちませんよ」と言うと「えっ、冗談ばっかり……」と


笑い出す方もいます。


私は基本的にワクチンに限らず西洋医学の薬は一切服用しません。


頭痛や肩こり、腰痛などの痛みや不調は身体からのありがたいメッセージです。


これをその場しのぎの痛み止めで誤魔化してもまた再発します。


薬の副作用で肝と腎にダメージが蓄積され、益々体調を悪化させていきます。


癌にしても塊として発見されるレベルのものは数年から数十年かかって出来たものです。


その間、心身に悪いことを続けてきた結果です。


例えば、暴飲暴食、添加物・加工食品・精製食品の取りすぎ、運動不足、


睡眠不足、働きすぎ、ストレスの貯めすぎ、我慢のし過ぎ、などなど。


これらを改善していかない限りはいくら薬を飲んでも、ワクチンを打っても


自己の自然治癒力が働かなければ意味がありません。


コロナやインフルが流行っていても発症する人、しない人。


重症化する人、軽症で済む人がいます。


これはまさに自分の免疫力の問題です。


ワクチンさえ打てば、もう安心だという風潮を非常に危惧しております。


ワクチンでできた抗体は不完全なものであり、効果も短期間でなくなります。


それに比べて自然に獲得した自然免疫は抗体も強固で長期間有効です。


皆さんもどうか薬やワクチンに頼りすぎず、自分の本来持っている


最高、最強の自己免疫力(自然治癒力)を信じ、これを強化する生活を心掛けて


この新型コロナを恐れすぎず、萎縮せず、乗り切っていきましょう!!





カテゴリー: 未分類

たかの鍼灸整骨院

【住所】 千葉県八千代市八千代台北1-4-11鬼沢ビル1F
【アクセス】 京成本線「八千代台」駅徒歩1分
【診療時間】 平日 8時~11時30分/14時30分~19時30分 土曜 8時~11時30分/14時30分~16時30分
【休診日】 日曜・祝日・木曜午後

047-486-3111

ブログカレンダ−

2022年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

メニュー

お知らせ

2017.5.12
最近、時間帯によって予約が取りずらい状況になっています。キャンセルのお電話はなるべくお早めにお願い致します。

twitter

  • twitter

ページの先頭へ戻る

gotop